<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
スポンサードリンク * - * * - * -

今さらアルジャーノン舞台裏アルバム。

更新があいてしまってすみませんです。

月曜日に、楽しい楽しいライブを終えて、
その日の帰宅直後から現在まで、
イラストレーター地獄状態です。

まず副業でやっている、デザインの仕事。
至急作らなきゃいけないコンサートのプログラムが
ベタ打ちだけでもすごい文字数。
クライアントと打ち合わせして、読めない汚字の原稿貰って
広告作って画像処理して、Webで資料検索して
原稿打って配置して・・・発注まで3日以内って何だ?
・・・つらい。やっとさっきできた。

昨日写真を撮って、今日作って明日印刷に出す
バースデーライブのフライヤー作り。
シックな感じで完成しそう。
もう紙を選んで買ったりプリンターで印刷したり
そういうのがもう暇が無いので
これも一緒に発注してしまうのだー。

ところで、フライヤーづくりのために
携帯写真の整理をしていたら(携帯画像かい)
結構ネタな写真がいっぱいあった。

アルジャーノンの画像も結構あったので、
文字を打つかわりに載せてみます。
今までサボった分、関係者しか取れない
舞台の裏の写真をチョイスいたしました。
(人物の写真は諸事情ありましてあんまり乗せられません。
 ごめんなさい。少しだけ。)

今頃アルジャーノンアルバム〜。
博品館の表看板です


楽屋シリーズ。

楽屋の前には名前が貼ってあります。

地方の楽屋は広かった。

スタッフの楽屋に来た宮川さん。本番前はあわただしい。

地方の楽屋で出たお弁当に入っていたタコウィンナー。ちくわでハチマキしてある芸の細かさ。


続いて舞台裏。

準備中の舞台。


エレキバイオリンの装備は単純。
明るいとこんな感じなのに…
舞台中はこんなに暗い!
これじゃ見えません。


あ、地方の移動中に、
みんなで写真を撮りまくってた場所がありました。

その中の一枚。


それから、博品館の時からずっとやってみたかったことが!
それは、装置の上に上ること!!
馬鹿なので、高いところがすきなんです。
地方公演中に念願かないました。
記念に、下を見下ろして撮ってみました。

高い!ここで踊るのは怖いよ!
ちなみに舞台上は場当たりしてます。
(そんな時に上った怖い物知らず俺)


…許可とりましたってば^^;

最後に、アルジャーノンではありませんが、
フライヤー用に撮った写真の中から
使わなかったものを1枚。

モノクロ〜。



これで今日のところは勘弁してください。
最近、お陰様でブログランキングも50位前後に
ランクインしております。
勘弁してくださる方は、ぜひご協力下さい。


ブログランキング←今日のところは勘弁してやる。


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * ミュージカル「アルジャーノンに花束を」 * 00:43 * comments(4) * trackbacks(0)

大楽。(3月10日・11日分)

名古屋。

この日はホテルと会場が遠いので
駅から会場にタクシーで移動。
永山君と小野さんと一緒になりました。
小野さんは役に集中しているのかあまり話さなくて
永山君と、「ファン」の存在について話しました。

永「アルジャーノンを観るために、受験頑張って合格して
  ご褒美に、親にチケット買って貰ったんだって」
私「おお、そういうのは嬉しいねえ」
永「うん、嬉しいよね。励みにしてもらってさ・・・」

など。
それから、舞台の話になって

永「今日は最終日だから、どうやって遊ぼうかなあ」
私「え、何か遊ぶの?」
永「歌ソロじゃないところでね。
  俺がソロで遊ぶとギャグになっちゃうから」

最終日は遊ぶのか。
・・・ということで、名古屋公演は
バイオリンも、今まで楽譜に忠実に弾こうと、
一音もいじることなく弾いていたんだけど
音楽監督もいないですし(爆)、
装飾音やなんかを入れたりして弾いていました。

楽屋は、広い大部屋が、パーテーションで
男性キャストの部屋と、ミュージシャンとの部屋に
分けられていたので
パーテーション越しに会話したり・・・
「とっちゃえ」ということで
最終的には仕切りなしで大部屋になりました。広々。
・・・考えてみれば、ギターの小枝さんも男性なので
女は私一人か・・・いいんだ。中身おっさんだし。
ちゃんと着替えの場所あるし。

でも、役者さんの方が私よりもしっかりメイクですよ(w
私があんまり化粧しないっていうのもあるけど・・・

演奏は、アドリブ(?)が入る分気合も入るし
なんかワクワクしましたね。
でも、入れてるのを気づいた人が何人いるのか。
歌があることを考えると大きく変えるわけにもいかないし。
まあ、いいんです。楽しかったんだもの。

休憩中に、小枝さんにお菓子の「小枝」と、
ひげメガネと、うさ耳の差し入れが。
東京千秋楽のカーテンコールで髭ダンスしたからか。
「小枝」と「小技」と差し入れするとは
気合の入ったファンですな(ムム
シリアスな舞台だから「笑い系」はキケンな技です。
プロデューサーにちょっと怒られたりしてm(__)m

演技は、私的には一番よかったと思う。
特に浦井チャーリー。
演技素人の私がどうこういうのはなんだけど
全体に「しっくりいく」ことが多くて、
それまでの全公演で語気荒く、強く喋っていたセリフを
もっと表面を押さえて中身が強くなった感じで
静かに喋ったりとか。
前日までと結構ニュアンスの違った演技だったと思う。
1幕目からうるっと来たのはこの公演が初めてだった。

浦井氏は、かなりスピリチュアルな人です。
理論的というよりも感覚というか・・・
舞台上では浦井氏じゃなくて、チャーリー。
楽屋とか打ち上げとかで少し話していて、思ったのだけど、
彼は、演じているときに、心がチャーリーとシンクロしていて
だから、セリフが「心から」出たセリフになっている。

「あのセリフねー、(心が)痛いんだよ。
 もう自分が死ぬのわかってるからねー。すごく痛いんだ」

この彼の言葉にすごく表れていると思う。

音楽もこうじゃなきゃいけない。
表現は心からの物じゃなきゃいけない。
理論は、裏づけでしかない。
技術は、手段でしかない。
心からじゃない表現は、美しくないよ。

打ち上げは、全員飲みました。
私も飲みました。
疲れが溜まっていた事と胃が弱っていることを
もっと自覚すればよかったm(__)m

翌日。
帰りの日。
帰りはあっけないのです。
バラバラに帰るから。
演出の荻田さんは「別れがつらいから」と早朝出立。
小枝さんは仕事で早朝出立。
永山君は仕事で早く出発。
・・・残るキャストも少数で、お疲れ気味かつさびしげ。

プライベートで会おうね!と約束しつつバイバイ。

本当に楽しい毎日だった。


ブログランキング←再演に期待してポチリ


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * ミュージカル「アルジャーノンに花束を」 * 13:10 * comments(0) * trackbacks(0)

千秋楽(3月5日分)。

東京公演千穐楽無事終了。
もう2週間以上も毎日通うと、
もうしばらく行くこともないっていう
実感がなかなか沸きません。

キャスト、皆さんテンションの高い演技で。
声のトーンがあからさまに違うのでわかります。
カーテンコールの、スタッフさんが仕込んでくれた
サプライズ=紙ふぶき&紙テープは、
嬉しい驚きって言うよりも、
お辞儀をした状態の頭のすぐ上(前)で
「バラバラバラバラ!!スコーーーーーン!!」という
音がしたものだから
本気でびっくりしました。
客席の総立ちも、みんなの「本気」が伝わって
あれはすごいものですね。

打ち上げ。楽しかった。
大型の打ち上げやパーティーには珍しく、
立食とかじゃなくてコースで食事が出てきたので、
あれはきっと忙しい面々をある程度の時間帰さないための
主催者の策略だったのでしょう。
私はキャストが固まってる席のど真ん中にいたので
意図的ではないんですが、
なんだかいい思いをしたかもしれない。
みんな面白いんだもの。
最後は大人数で写真を撮りあいました。
前楽屋で浦井君の写真を撮ったときに
「どこにも流さないでねー」みたいなこと言われたんで
ちょっと写真は出せないんですが。
永山君がマメ&几帳面ということが
この日初めてわかりました。
まだ地方公演が残っているので、
特に役者の皆様はお酒は遠慮してて、
私も翌日ライブだったので、
焼酎水割り3杯くらいしか飲みませんでした。
「名古屋打ち上げは飲みます」宣言が多発してたので
その意味でも地方楽しみですね。


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * ミュージカル「アルジャーノンに花束を」 * 13:23 * comments(0) * trackbacks(0)

大所帯(3月4日分日記)

今日はタカや友達が来るから、
こえださんと「飲もう」と前から話していた。
んで、せっかくだから誘った人が、
さらに別の人を誘ったものだから
始めのせいぜい四人くらいの予定が
結果、総勢10人の大所帯になってしまった。

出演者数人とその関係者、演出の荻田さんや音楽の斉藤さん、浦井さんのマネージャーさんまでいたのだから、
まるで楽の打ち上げみたい(w

明日は昼公演もあるから、まさかそんなに増えるとは思わなかった。

今日の舞台はみんなノリがよかったと思うなあ。
中日の荒れが取れて盛り上がってきた感じ。
この調子で行きますよ!


今まで名前を出していない役者さんとも仲良くやっています。

クリスティンちゃんは、女の子で歳が近いので、現場では1番仲良しかも。
よく一緒に帰ります。
明るくてかわいくて声は低い。
ノーマの見せ場では、すごく迫力のある演技で、見ていて楽しい。
(楽しいシーンじゃないけど)


永山くん。
えー、彼は本気でおもしろい!
本番前のウォーミングアップでは必ず
他の役の歌を謎のフリつきで熱唱してるし、
本番中、安寿さんの「男の子は恋をする」の時は、
袖で口パク大熱唱だし…
毎日爆笑を生んでいます。

戸井さんは、とてもいいひと。
普段は役とは全く違う、穏やかな笑顔をします。
コーヒーとタバコで「ニーマーさんの声がまた低くなる」と
声の高さを結構気にしている?みたい。

小野ひかりさん。
アニキな感じです。喋ると、口調もちょっとアニキ。さばけてる。
素でフェイをやっても、それはそれでハマると思うんだな。

そして対象的なのが朝澄けいさん。
非常に女の子らしくてかわいらしい。
男役だったのが信じられないくらい。
でも今日、上手の袖で出番待ちの時に
下手側にいる私がハッキリ聞き取れる音量で
指を鳴らしてた。
袖からよく手を振ってくれます。

役者さんて、やっぱりみんな魅力的です!

ミュージシャンもそうありたいなあ…


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * ミュージカル「アルジャーノンに花束を」 * 13:20 * comments(0) * trackbacks(0)

ファンレター(舞台八日目)。

まず最初に・・・
過去の日記で、何度か出てくる浦井さんの名前が
なぜか全部浦川になってました。
あれぇ・・・おかしいなぁ〜。。。
修正しました。浦井さん浦井ファンさん、ごめんなさい。

昨日はマチネとソワレの2公演でした。
25日土曜日のマチネ&ソワレはマイミクのよっしいに
エキストラでかわってもらったため、
今回がはじめての一日二公演でしたが、
公演の間が2時間だったせいか、
やりなれてきたせいか、そんなには疲れなかった。

ところで、今日、メールチェックしたら、
なんとファンレターが来ていました♪
ミュージカルの演奏を聴いて
ファンになってくださったとのこと。
私生活はもちろん、ネットでも面識が無くて、
それで、顔も名前も知らずに、音だけで
ファンになってくれた、っていうのは
とっても嬉しかった。

追伸:髪をビミョウに染めました。
ぱっと見はそんなにかわらないけれど
光の加減でダークチェリーブラウンでございます。
ちなみに自動的に前髪がチェリーピンクです。
手染めです・・・色落ち早そう。


みんなに喜んでもらえるように、
今日も演奏頑張ろう!


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * ミュージカル「アルジャーノンに花束を」 * 14:09 * comments(1) * trackbacks(0)

寒い(舞台七日目)。

昨日の舞台裏は寒かった!

私達楽隊がいる上手側舞台裏は、
すぐ近くの扉から外の空気が流れこんで来るから、
寒い日は本当に寒い。
初期設定では、私達の姿は、
斜幕でたまに見えるはずだったのを、
譜面灯が気になるという理由で
黒い幕を張られたせいで
まるで見えなくなりました。
だからまあ、弾かない曲の時とか楽なんだけど。
んで、最後のカーテンコールの時以外は
姿が見えないのをいいことに、
衣装の上にダウンとか、いろいろ着てます。

ところで衣装なんですが、
ミュージシャンの衣装なんて
まあ、なんでもいいんですよ。
んで、「黒」という指定があって、
一応女の子なんで、3種類用意して
適当に着ています。
しかし、実はその中の1種類はツナギなんです。
24日の公演で、翌日のライブのために
私服でツナギを着てたのですが
それがスタッフに好評で、
「それで出たら?」と言われ、
演出の荻田さんが「いいんじゃないですか」と
あっさり認めてしまい、
その日とても寒かったのもあって
ツナギで出るスタイルができたのです。
昼の公演がある日はバタバタしそうだから、
着替えのいらないツナギスタイルにしてます。
ツナギのバイオリン弾きって、あんまりいないよね。

ところで、昨日ギターのこえださんと、
アコーデオニストの方と
また会場近くの居酒屋で飲んでいたら
調度真後ろに、観客らしき女性二人。
あまりに熱くかたっていたので
気になって仕方なかった(笑)
ファンのエネルギーってすごいです


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * ミュージカル「アルジャーノンに花束を」 * 14:08 * comments(0) * trackbacks(0)

初飲み…舞台六日目。(27日分日記)

昨日は、初めてミュージカルのメンバーと
舞台終了後に飲みに行きました。
顔触れは、音楽監督の斉藤さん、
キャストの宮川さん、森さん、クリティと豪華。
場所は会場すぐ側の居酒屋でした。

斉藤さんと森さんはかなり酒飲みで、
二人してさっそく日本酒いってました。
(宮川さん森さんは既に楽屋でビール缶空けてる)
私は大人しく焼酎水割り一杯に留める。
(らしくないというツッコミはナシ!)
私は用事もあって、途中で抜けたのが残念!

そんな中、酒を飲みながら話す内容は、
今日の舞台はどうだったとか、
森さんの今回のメイク&マニキュアの話しとか
永山さんがかれこれ二時間も
出待ちの女の子達と話してるぞとか、
そんな事を話してました。
でもみんな面白いよぅ。
結局私は1時間弱しか、いられなかったので
打ち解けるまでは行かなかったけれども
でもちょっとずつ馴染んでいきたいです。

永山さんが出待ちトークを終えて
合流するのと入れ違いに店を出ました。
なんと宮川さんと斉藤さんが、
若手におごってくれたのですー!
ありがとう〜!
帰りがけ、森さんとクリティには、
ピカチュウネズミの画像を送りました。

今日は、公演は夜だけど、みんな会場入りが朝早い。
何故なら、今日は朝からCD録音があるからです!
ミュージカル・アルジャーノンに花束を は
CD化されるのです!
さらにニュース。チケット完売しました。
関係者席も、残り補助椅子(パイプ椅子)が僅かにあるのみ。
当日券があるのかどうか定かではありません。
でも今回ほぼ全公演完売じゃないでしょうか。
しかもまだ中日なのに…スゲエ。

ところでこのミュージカル、
実は隠れた聴きどころがあるんです。
それは開演前や休憩時間、終了後に
会場に流れているクラシカルな音楽・ピアノソロ。
実は、6分くらいの中に
ミュージカル主要ナンバーがふんだんに盛り込まれ、
森さんの唯一の歌ソロ『お父さん…』を含む、
全キャストのソロ曲が1曲の中に、
実に凝った作りで収められています。
ただのメドレーじゃありません。
しかも、そのピアノソロを、
なんと音楽監督の斉藤さんが自ら演奏、録音したものなのです!
これが難しい曲なのに実にウマイ!
会場のお客さんは、あんまり聞いてないようなので、
これはもったいない!
リピーターの方、これから見にこられる方は、
ぜひ耳を傾けて下さい!


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * ミュージカル「アルジャーノンに花束を」 * 01:22 * comments(0) * trackbacks(0)

舞台五日目。(26日分日記)

昨夜のライブを終え、またミュージカルの日々にもどります。

今日は早く家を出なくてはならなくて、
予定より2時間も早く新橋に着いてしまった…
ので、昨夜からたいしたものを食べていないので、
まずは吉牛へ。
玉子つきで豚丼並を食べたら満腹。
でも「早い安いうまい」の牛丼屋で
2時間もたつ訳はなく、
すぐ近くのスタバへ。
吐くぎりぎり手前に満腹。
午後ならカラオケに入って練習する手もあるが、
朝10時台じゃあいてないし。
んで、スタバで時間をむやみに過ごすのも
ちょっともったいないので、
予定より1時間早く現場入り。

そこで印章的だったのが、スタッフやキャストの皆さんが、
笑顔で「お帰りなさい」と声をかけて下さったこと。
その「ファミリー」な感じには、本気で感動しました。

昨日一日、ミュージカルの曲は一部しか弾いてなかったので、
さっさかサウンドチェックも済ませて
できるだけ早まわしせずに全曲通す。

本番は、何か、吹っ切れたように
怖さがなくて、程よい緊張とリラックスがあって、
モニターの音に振り回されず、
かといって一人暴走するでなく、
うまくノッて弾けたと思います。

これからもこの感じでいけたら、いいなあ!

ここで一つ裏話。
私がいる舞台裏からは、上下の舞台袖がみえます。
そこで待機中の役者さんと目が合うこともしばしば。
そんな時、役者さんたちは、私に
手を振ってくれたり、
ポーズをとって笑かしてくれたり、
とてもおもしろいのです。
そんな時は、こっちも手を振ったり、
ポーズをとったりして返します。
集中の邪魔しちゃいけないので、
こっちからはしないのですが、
ポーズや歌マネの1秒後に
役の顔してステージに立ってるんだから、
役者ってすごい!!


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * ミュージカル「アルジャーノンに花束を」 * 01:19 * comments(0) * trackbacks(0)

舞台2日目。

公演の後、スタジオでライブの最終練習だったので、
書くのが遅くなってしまった。

今日は舞台の二日目。
公演が夜だから、昨晩寝るのが遅かったけれど
ゆっくり寝られて、寝不足は無い。

5時に会場に到着。
舞台裏は、照明の関係で真っ暗になるので、
到着してすぐ行ったら、何も見えない。
早すぎた。

サウンドチェックを終えて、
役者さんも一緒に弾くギタリストもいなくなってから
全曲コソ練していたら、
ステージから声が。
主役の浦井チャーリーが、
ずっと舞台の上で、動きと台詞を早回しで確認していた。
すごいなあ。努力してるんだなあ。
彼に乗っているプレッシャーというのはどのくらい重いのか。
想像すると気が遠くなるほどだ。
もちろん、
「失敗できない」プレッシャーの克服、だけじゃなくて
「よりよい舞台に」という、ポジティブな意欲も大きいだろう。
私とそこまで年齢も変わらないだろうに、すごいなあ。
もちろん、影で努力しているのは彼だけでない。
みんなそれぞれ努力、そして、公演中でも
「もうできた」とせずに、試行錯誤、改良を重ねている。
私も素直に、一つ一つの舞台を大切に頑張ろう!と思う。

ところで、このミュージカルでポップスの修行をしたせいか、
自分のロックの演奏の方でも、曲のリズムの取り方が
変わってきた気がする。
そんな一朝一夕で変わるようなもんじゃないのかもしれないが、
明らかに裏拍に対する感覚、体の動く感じが違う。
・・・すんなりクラシックに戻れるかな?
私は、クラシックもポップスも、
両方しっかり弾きたいです。

でも、クラシックとポップスは、使う脳みそが違うみたい。
「英語」の発想と「日本語」の発想が違うような感じかな。
異文化コミュニケーションの世界です。
バイリンガルで英語も日本語も堪能な人はいるのだから、
音楽でもバイリンガルになれるはずだ!っと
思って挑戦するしかないではないか。

明日は、昼前に池袋の滞在地から一度家に帰って、
25日のライブの衣装などを用意して
夕方新橋の劇場に向かわなくてはならん。
ちょっと忙しい・・・
でも舞台ではシャキッとしますよ!


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * ミュージカル「アルジャーノンに花束を」 * 03:27 * comments(5) * trackbacks(0)

初日(22日の日記)。

舞台初日を終えた。

コンサートやライブとは違う「舞台裏」というステージ。

お客への音の伝わり方は二重。

ひとつは、スピーカーから直に。
ひとつは、役者に影響し、役者と一緒に。

モニターだけが頼りの、
ステージや客席を見ることのできない閉塞的な場所で、
役者や観客と通じ合うのは難しい。
もっと一体になりたい。

私は、意識が観客を離れると精神が浮つくので、
これは死活問題だ。
回を重ねて、意識の仕方を模索して、
エネルギーの循環がうまくできるように
「皆川真里奈のパフォーマンス」として、
舞台に貢献できるようになれたらと思う。

ところで、少しずつ役者の方達と話すようになってきた。
私は煙草を吸わないし、どちらかというと
スタッフサイドの人間なので、
楽屋も違って、なかなか会話ができないのだが、
たまに話しができるととてもうれしい。
正直、役者という人種に憧れがあるんだろう。
それは演技への尊敬でもあり、
個性的で、職人的で、なおかつ社交的な
キャラクターへの興味・好感でもある。

そんな皆さんと、これから約2週間、いい舞台を作れるように…

練習あるのみ。


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * ミュージカル「アルジャーノンに花束を」 * 03:25 * comments(0) * trackbacks(0)

このページの先頭へ