<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
スポンサードリンク * - * * - * -

ライプツィヒ。

 7月の半ばから、ライプツィヒの音楽祭に勉強にいきます。

実は2度目の海外です(笑)

でも、前回は「初めての海外&日本人がいないイタリア1ヶ月弱」
という、今考えればとんでもない状況ですが、

今回は、日本でお世話になってる先生や門下の仲間もたくさん参加する
音楽祭10日間なので、あんまり不安はないですね〜。

今、航空券やホテルの手配などの手続きに追われているのですが、
ホテルが、なんと、五つ星のところを予約できちゃいました!
なんでも、貴族の館だったのを改装したホテルだそうで、
天井の高い、素敵なインテリアの写真がたくさんネットにのっていました。
・・・でも!1泊5000円いかないんですよ!!

門下の後輩の女の子とシェアだからなんですが、
シングルだとしても、1万円弱ってことだし、
なんで海外のホテルってこんなに安いんでしょうね!?

いや〜、今からとっても楽しみです!

さて、準備準備・・・


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * ヴァイオリン生活 * 02:32 * comments(1) * trackbacks(0)

今日はイベント演奏です。

090424_1810~01.jpg
今日は鎌倉プリンスホテルで演奏のお仕事(^_^)v


湘南の海の夜景をバックに
ウェルカムドリンクのBGMから
リクエストコンサートまで、たくさん演奏させていただきました!

写真は楽屋での1枚( ̄∀ ̄)


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * ヴァイオリン生活 * 19:43 * comments(0) * trackbacks(0)

民のチカラ。

民のチカラという動画サイトにて、
ご縁で面白い企画に挑戦させていただきました。


「ヴァイオリニストなら糸楊枝でヴァイオリンが弾けるのか?」
http://tami.biglobe.ne.jp/challenge/index.html?sort=1&start=0&id=653


当日、実は他にも画用紙などでヴァイオリンを弾きましたw
画用紙は、工夫すれば演奏可能です(笑)

ちなみに、糸楊枝での演奏は慣れれば誰でも可能だと思います。
よかったら春の宴会芸でやってみてください^^


JUGEMテーマ:音楽




ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * ヴァイオリン生活 * 21:59 * comments(1) * trackbacks(0)

ヴェンゲーロフ。

今日、アドバイスのための資料(動画)をyoutubeで探していたら、
マキシム・ヴェンゲーロフのマスタークラスの放送がアップされていました。



彼のエンターテイナーな演奏スタイルは結構好き。
というか演奏どうこうよりも、こういう精神状態で演奏したいな〜と
この動画みながらしみじみ思いました。

(ぜひ続きのPart.2も見てみて下さい)
ちなみにこういうレッスンも受けたいw

思いがけないところで元気もらいました♪


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * ヴァイオリン生活 * 01:34 * comments(0) * trackbacks(0)

北斗のヴァイオリン!?お前はもう、弾けている。

最近アニメ「北斗の拳」にハマりまくりのmarineeです。

おもしろいんですー!

実際にマンガを読んだり、アニメを見るまでは、
なんとなく絵柄がムキムキなので敬遠してたのですが。
一度みてしまってからはツボに・・・

もともと武道大好き、格闘好き、お笑い好き、
そして「悲しい宿命を背負った男」というキャラが好き(爆
なんで、ハマる要素はたっぷりあったんですね(w

ところで、なんでもバイオリンにからめたがりなmarineeは
北斗の拳をみていても、バイオリンとの共通点をみていました。

北斗の拳では、戦闘シーンが必ずありますが、よくある戦闘へのプロセスがこうなんです

「怒る→闘気がみなぎる→呼吸法で闘気を体に行き渡らせる
→構えをとる→あちゃあ!(戦闘)」


バイオリンと実に同じですね〜!
バイオリンで舞台に立つ時のプロセスは下記の通り。

「感情(心)→オーラ出す→呼吸でオーラ(意識)を体に行き渡らせる
→構える→あちゃあ! 弾く」


オーラ、とか書くと、まゆつばっぽいでしょうか?
そんな方は、オーラを「意識」や「気迫」みたいな言葉に置き換えてください。

体の使い方もそうですが
「感じる」とは、すなわち「信じる」ことだと思います。
そこが動くと信じる、そこに在ると信じる・・・
頭であれこれ考えず、疑わず、信じてしまえば現実になります。
オーラや心や体の芯も、信じれば、信じた人間にとってはそこに在るんです。
もちろん、信じるには根拠がいります。
でもその根拠は、頭で考えたって疑ったって見つかりません。
実践あるのみ、だと思います。

話がそれましたが、上記のプロセスはとても大事だと思います。
焦ったり緊張したりすると、すべてすっ飛ばして、
構えもろくに出来ないうちから弾き始める。
そんなんで演奏が上手く行くはずはないのです。

心、気、呼吸、構え、動き

それが完璧にできれば、きっと、思うとおりに弾けるはずです。
そのプロセス、私自身、わすれないように、心がけたいと思います。




ところで、実はもうすぐライブがあります!


◆ギター&ヴァイオリンデュオ トルバドゥール◆
◆「花の宴〜春一番無礼講LIVE」in 赤坂カーサクラシカ◆



時には突風・春一番となってはっちゃけ、
時にはしんみりと花を奏で、
春の到来を皆さんと喜びたい、そんなLIVEです。

今年が記念年のグリーグ作品
復活のピアソラ「タンゴの歴史」
前回話題の新曲オリジナル「夜の終わり」
LIVEでしか聴けない「スーパーマ×●」

お酒片手に贅沢なひと時を、たっぷり30分×3ステージ!
各種音楽とりそろえて、皆様のお越しをお待ちしております♪

日時:3月9日(金)
会場:Casa Classica(東京・赤坂)

出演:Troubadours(ヴァイオリン:皆川真里奈/ギター:酒井良祥)
Stages:19:00〜/20:15〜/21:30〜
Charge:¥2,100通しでお聞きいただけます。

■港区赤坂3-19-9オレンジボックスビルB1
TEL: 03-3505-8577
地下鉄千代田線「赤坂駅」徒歩3分
地下鉄銀座線・丸の内線「赤坂見附駅」徒歩2分

チケット予約は CASA CLASSICA http://casa-classica.jp/
又は ticket@10strings.net まで


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * ヴァイオリン生活 * 04:35 * comments(0) * trackbacks(19)

mixiつながり。

相変わらず、ご無沙汰ブログなmarineeです。

今年に入って、生活がかなり変わり、ネタはあるんですが
書くに至らないというか・・・

その最大の原因は、横浜に教室ができたこと。

鎌倉で一緒にmarinee実家でレッスンもやっている
相方ギタリストが横浜市の青葉台にあるマンションに引っ越しまして、
そこで、私も教室をやれるということで、
部屋を防音加工したり、実家といったりきたりして
忙しい日々を送っています。

別に私そこに住むわけじゃないんですが、
ギターよりも音がデカいヴァイオリンを弾いたりレッスンしたりするとなると、
やっぱりいくら楽器可の物件とはいえ、放置で好きにやるってわけにもいきません。

幸い、ピアノとは違って振動の類の騒音の問題はないので
遮音と吸音に力を入れて加工してます。
その奮闘記はまとめていずれ書くことにして・・・

今回はレッスンの話。

もともと、鎌倉の実家でレッスンしていたのだけど、
当時から横浜から習いにくる生徒さんが何名かいまして
今回横浜で教えられるとなると、横浜に来てもらう方がずっと負担が軽くなるので
横浜教室に移ってもらっております。

それに加え、今年になって、mixi経由で私の発言やブログを読んで
内容に興味をもってくれて、レッスンを受けにこられる方が
ちらほら出現しまして、ちょっとうれしい今日この頃です。

幸い、マンションは田園都市線(地下鉄半蔵門線直通)の駅から徒歩で近い場所なので、
ただでさえ都内からは時間のかかる駅で、さらにバスを使わなければならない
実家に比べると、かなり都心からは来やすくなりました♪

もともと、ブログで情報発信を始めたり、掲示板で発言をするようになったきっかけは、

特に日本では、体の使い方等々に関して、具体的な指導というものが少なく
「音楽家のための体操」みたいなものはたくさんあるのに、
じゃあ、それの何をどう演奏に活かすのか、見たいな部分が欠けていて

「弾けないのは練習が足りないから」という
スポーツでいったら一昔前の「スポ根マンガ」みたいな理論が
音大の中ですら、当たり前のように
指導者に言われたり、生徒も思ったりしてる世の中で、

私の大っ嫌いな「アマチュアは下手でいい」という指導者側の傲慢さも
いろんな方面から見えちゃったり、

情報コミュニティ(掲示板)の奏法に関する論議の中で、ちょっと正当からずれている意見がとびかっちゃったり
収集がつかなくなってたり、有益な意見が少なかったりする状況で
ぜんぜんプロが(見てないのかもしれないけど、でも多分誰かしら見てるはずなのに)
わかりやすい説明等をしようとしなかったり

それを解決したいというか、少しでも新しい方法の糸口
とっかかり、情報源、になればいいなという気持ちがあったからでした。

なので、そこから興味を持ってくれて、連絡してきてくれて
レッスンを受けに来てくれるというのは、素直にとてもうれしいです。

ただ、だいぶ指導に関しても練れてはきましたが、
それでも自分自身、常に試行錯誤だし、
もちろん自分の発見によってmy師匠の指導によって
それまでの考え方が間違っていた、もしくは誤解を招きやすい表現だった、なんてこともあり、
だから、その時は生徒に「ごめん、違ったわ」ってなることもあります。


長くなりましたが、そんな事情もご理解の上、
末永く、お付き合いくださいませ。



ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * ヴァイオリン生活 * 00:44 * comments(2) * trackbacks(16)

06→07.

明けましておめでとうございます。

ブログをあまり更新しないうちに年が明けてしまいました。
いつもはカウントダウンな年の明け方だけど、
今回は初めて、「気づいたらあけてた」。

デュオの相棒、TACAに、
「明けましておめでとう」って言われて、
「え、明けたの?・・・(TVの音を聞いて)ほんとだ!あけてる!!」

・・・一年のしょっぱなからこれですわ^^;

さてさて。


2006年を振り返る


前半は「本格的な他ジャンルへの挑戦」
ミュージカルやライブのサポートがやっぱり大きなイベントだった。
私の人生には初めてのことがたくさんあった。

秋に出会った弓のおかげで、
文字通り「弓の重さ」から開放された。

嬉しかったこと、いっぱいあったけど、
トルバドゥールのライブで満席御礼が何度もあったのは
とても幸せ感じました! どうもありがとう!
来てくださった皆さん、応援してくださった皆さん!!感謝してます!!!
Love You〜!!

そして、1年通してのテーマはやっぱり「体の使い方」。
もちろん、その前からずっとやってきたけれど、
こんなにつきつめて、変化した年はないかも。

立ち方の練習から始まり、夏にW&Bと出会い、
「ゆるむ」ことと出あって、私の体は激変した。

ずっと自分と向かい合うことを中心にやってきて
模索する中で、12月8日(12月9日のライブの前日)の夜に
みつけた「弾き方」で、体に芯が出来た。

その芯ができてから最初のレッスン、
12月29日、啓子師匠のレッスンで、その弾き方と音を褒められたこと!は
今年嬉しかったことの中でもトップクラスかも(w
どっぷり先生信者なので(w

「自分で納得したんじゃないんかい」ってツッコミはあるかもしれないけど、
9月頃に、自分ではできてるつもりで、でも実際は全然違っていて
久々のレッスンの時に半端なく怒られたことがあって、以来
「自分の〈ツモリ〉や〈確信〉が果たして
正しいのか、誤解や過信ではないのか」
ということがとても怖かった。

でも、それでも今回は「これはきっとイケル!」っていう思いもあって
だから、自分の目標で憧れの師匠から、実際「OK」が出ると、やっぱり嬉しい。
・・・コンクールで優勝するより嬉しいかも^^;


2007年の抱負

もちろん、体に芯が出来たことは大きいけれど、
それで「完璧」じゃない。

今後の課題は、肩甲骨をうしろに抜くことを常に意識すること。
それから、左はトリル・ヴィブラート。もちろん音程=和声感も。
そして!やっぱり楽譜の読み方がまだまだ全然できてない。

ああ、課題が山積み。でも楽しいな。
2007年も、いろんなことに挑戦して、
どんどん進化していきますよ!お楽しみに!!

そんなわけで、今年もどうぞよろしくお願いします!!^^


↑今年の年賀状画像です(w 写真加工で手作り〜♪


ブログランキング←今年もよろしく!な、ポチリ!お願いします!


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * ヴァイオリン生活 * 03:04 * comments(0) * trackbacks(1)

報告と日本音コン(Vn.)レポート。

まずはご報告。


先日出場した、「アジア国際文化芸術フェスティバル」で
新人賞というのをいただきました。

まだまだな演奏ですが、もっと技術を磨きたいです・・・


ところで、昨日、日本音楽コンクール:ヴァイオリン部門本選をきいてきました。

あまり批評をできるような立場ではございませんが、
少しだけ感想をかきたいと思います。

まず、今回の結果ですが

 第1位 黒川侑(16)=大阪・千里国際学園高2年
 第2位 鈴木舞(17)=東京芸大付高2年
 第3位 青木恵音(20)=東京・桐朋学園大2年
 入選 藤江扶紀(15)=大阪教育大付高1年▽岩谷賞
 
 聴衆賞 黒川侑

というものでした。

ちなみに演奏順は

 1.鈴木さん
 2.藤江さん
  (休憩)
 3.黒川さん
 4.青木さん

課題曲は、メンデルスゾーンのコンチェルトと
ラロのスペイン交響曲(3楽章略)の選択だったんだけど
全員がメン・コンを選んでいました。

私はちょっとラロも聞きたかったんだけど、
ラロは4楽章分も弾かなきゃいけなかったり、
スパニッシュな色モノなので若者にはメン・コンの方が弾きやすいだろうし
曲の終わり方もメン・コンの方が華々しいし。
まあ、余程「スパニッシュ得意」というタイプでなければ
全員の選択がメン・コンになるのはわかる気がします。


それで、審査の結果ですが、極めて頷けるものだと思います。
というか私も友達も予想通りだったし、
聴きに来てた他の友達は「結果見なくてもわかる」と帰ったくらいだし。

今回の結果は、言うなれば

「体ができている順」だし
「演奏解釈が正統な順」でした。
「音の美しさ順」でもあったと思います。


まず、1位の黒川さんはダントツでした。「満場一致」といってもいいと思います。
それは、黒川さんが聴衆賞(聴衆の投票で1位の人に与えられる賞)を
とったことからもわかると思います。
 
2位の鈴木さんは、音量は4人の中で一番小さかったですが、
ツヤのある美しい音で、正統な解釈による歌心ある表現をしていて
体の使い方も、余計な力の入っていない、いい状態でした。
惜しむらくは、華やかで明るい3楽章が、ちょっと重かった。
それから、音量は、通常コンサートなら気にならないでしょうが
今回はコンチェルト。オケとの共演なので、もう少し前に出た音だったら
もっとバランスがよくなっただろうな、と思います。
 

3位の青木さんは、他の3人にくらべると、年の功か、
「大人だな」と思う表現が、はしばしに見られました。
ただ緊張のせいか、ものすごく体が硬くなっていて
そのせいで細かいミスもちらほら聴こえました。
ところどころで聴こえた「大人だな」は
演奏の上ではとても魅力的だと思うので
あれが全てにわたっていたら、「圧巻の演奏」になると思います。


入選の藤江さんは、一言でいうならば「頑張りすぎ」でした。
体の頑張りすぎが、思うように自由に表現することを妨げてしまっていたり。
表現も「歌おう」とするあまり、「余計なこと」までしてしまったり。
・・・といってもまだ高校生、「若さ・青さ」でくくってしまえるものなので
これから、歳を重ねて、いい意味で力が抜けて、肘をはらずに、
自然体で演奏できるようになっていくのではないか・・・と期待。


というわけで、黒川さんの演奏は
「もっともその曲らしく、余計なことをせず、曲の魅力を最大限に引き出した」
と、いう点で群を抜いていたと思います。


実は、黒川さんは、直接面識は無いけれども、師が同じです。
「体のこと」で話題のあの方です。U先生。
書いていいのかわからないので、一応フセ字。


・・・もっと体も解釈も勉強してうまくなりたいなー。

今、N芸オケにトラで参加しています。
月曜日が本番。楽譜来たのが金曜。ムキャ!


ブログランキング←久々になってしまいました。ポチリ!お願いします!


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * ヴァイオリン生活 * 13:58 * comments(1) * trackbacks(1)

スキマとマツイと頑張らない。

ふう。やっと本番ラッシュは終了・・・かな。

こまいのはまだチラホラとありますが
ずっと焦点あててきた週1回のコンサートは終わりました。


おととい出場してきた「第18回アジア国際文化芸術フェスティバル」。
サントリー小ホールで演奏できるから〜、と出場を決意して
自宅録音のMDをオーディション審査に送ったのが6月の終わり。

7月中ごろに合格通知が来て、
その頃に、ちょうど体をゆるめることにハマって、
8月はずっと「ゆるむ」ことに専念。
9月の中ごろに、師匠の漆原K子先生に「ゆるんでばかりはNO」と
言われて、「アクセルをふむ」体にきりかえ、
集中的に指導していただきながら、ひたすらフォーム改善・・・

「目的」であったはずの演奏会は
いつのまにか「ただの経過」になっていたような。

頑張ってしまうと力んでしまう。

それではいい演奏はできない。


以前、メジャーリーガーの松井選手が言っていたことで
「100%の力を出す」というものがある。
90でも120でもなく、常に100。
「ありのままを全て。自分にできる最大限を」という精神。

「頑張る」というのは、一歩間違うと
「120%や200%を望む姿勢」になってしまう。
力が入って、本来の「能力」は失われる。

よくある、「優勝候補」が自滅するケースがこれで
周りの期待や自分の見栄によって
本来「ついてくる結果」であるものが「目的」に変わってしまう。
そして自分を見失ってしまう。

逆に、「だめもと」というのがうまくいく場合は
「結果は望まずに、自分にできる限りのことをしよう」という
精神にかわることで、松井選手の言う「100%」を目指すようになる。

「だめもと」じゃなくても
「自分に出来る限りの演奏をして、その結果をうけとめよう」
という心で弾いていたい。

実は、この「アジア国際・・・」は後日審査で賞がついてくる。
レッスンで
「母に『これだけ先生にお世話になってなんの賞もとれなかったらかっこつかないね』」
と言われました、と発言したところ、先生に
「そんなことウチで言ったら蹴りが入るよ」と返されました。
でも、この「かっこつかない」「申し訳がたたない」という考え方は
割と一般的なものではないかと思います。
自分でも、ふとそんなことを考えてしまいそう。
先生に感謝すればこそ、「賞というわかりやすい結果で答えたい」と思ってしまう。

見栄を張らずに、出し惜しまずに、100%を発揮する

というのは、思った以上に難しいことかもしれない。


演奏は、まだいろいろと課題がありありで
自分としては満足いくものではなかったけれど
「ここからスタート」とするにはいい場だったかもしれない。

ちなみに「賞」の方の結果が出るのはまだまだ先です。
自分にはなんにもない気もするし。わかりません。

でも、もうあまりそれは考えずに、自分を磨いていこうと思います。


ところで、昨日、いままで不審におもいつつも目をつぶってきたことを
しっかりと認識してしまいました。

私の楽器、テールピースのところにスキマができてるんだYO!
なんか、間に、厚目の紙が入っちゃうんだYO!

・・・入院させにゃ(ToT)




ブログランキング←お見舞いのポチリ!お願いします!


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * ヴァイオリン生活 * 17:15 * comments(1) * trackbacks(0)

有意義な一日。

mixiがきっかけの出会いが多い。
それも、とても専門的な出会いの数々。

んで、昨日は何をしたかというと、
「ウォーター&ブレス」というのを体験してきた。

くわしくはコチラのブログをご覧下さい

今までで一番「背骨の長さ」を体感でき、
リラックスして気持ちよくゆらゆらしていただけで
気づいたら、あの「よい立ち方」ができた時の感覚、
もしくはそれ以上の感覚になっている、というスゴイもの。

主催の黒坂さんの、
実に理論的・実践的・そしてわかりやすい指導で、
未体験ゾーン突入。

・・・いや。

「今までの苦労はなんだったのか」と思うほど
目指していたものが、簡単にできる方法だった。

勉強会終了後、昼食会へと移行したのだが
ここでも、今まで抱えていた謎が解けまくる。


そのときに富士山を上る話がでてきたので
登山にたとえると、
心身の開発という山に登ろうとして
必死にガケやヤブを上ろうとしていたら
きれいな階段をつくってくれていた、という感じだ。

もちろん、道が出来ていようがなんだろうが
先が見通せるほど浅い世界ではないし、
階段を上がるにしても、急なのぼりであることにはかわりはなく、
上がるのは自分自身だ。

自宅で毎日続けていって、
勉強会にもできるだけ参加しようと思う。

また、方法が簡単なので、
少しずつレッスンに取り入れていけたらと考えている。

生徒の皆さん、お楽しみに(w

それからもう一つ書いておきたいのが、
「エクササイズと音楽が分化しない」ということ。
私の知っている人で、
ヨガだかピラティスをやっているので
体の使い方の練習になるととてもうまいのに、
いざバイオリンを弾くと
まるでそれと無関係の動きをして弾いている人がいた。
それでは、体内開発の意味がまるでない。
いや、健康にはいいと思うのだが
せっかくだから、音楽に活かしていきたいものである。

今回の勉強会参加者は、プロ・アマ問わず、全員楽器奏者。
また、指導の黒坂さんもトランペット奏者だった方。
指導の内容も、音楽との繋がりがよく感じられた。

体の使い方に興味がある方は、ぜひブログを覗いて見てください。


はい、んでもってそのあと何をしていたかというと
・・・新宿高島屋リラックマ3周年記念イベントに行ってました。


いや〜、かわいいよ、かわいい!
大好きです。いろいろ買ってしまいました。
動くリラックマに出会えたのは嬉しかったな〜♪

その後、ヨドバシに行って、色々買出し。
暑中見舞いとかもそろそろ準備しなくちゃ。

うん、久々に有意義なオフを過ごしました。

それでは最後にお土産画像を・・・









←入口モニュメント。
















←きぐるみ。









ブログランキング←有意義なオフ最高!の、ポチリ!


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * ヴァイオリン生活 * 15:26 * comments(0) * trackbacks(2)

このページの先頭へ