<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
スポンサードリンク * - * * - * -

キノコと若竹の和風スパゲティ。

090503_2039~01.jpg
長野からキノコと若竹がたくさん届いたので、パスタにしてみましたv


味は醤油バター。

キノコは黙って醤油バター!(`ヘ´)ノ

ベーコン、キノコ、玉ねぎ、若竹をバターで炒めて、
醤油で味付けしたあとパスタの茹で汁と水を加えて、
半生に茹でたパスタを加え
あとはパスタに芯がなくなるまで汁気を煮とばすだけ!


キノコとベーコンと玉ねぎから
甘味やダシがじゅうぶん出るので
今回はコンソメ使いません。

今回のポイントは、
材料を全て大きめに切って、食感を残しつつ、
小さくなるまでしっかり炒めることかな。
そうすると、旨味や甘味が凝縮されてウマ〜( ̄∀ ̄)
野菜たくさん食べれるしね!


具沢山だから、
パスタの量が少なくてもボリュームがあって
オナカ大満足〜(*^ー^*)


キノコがあったらやってみてね!(b^ー°)


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * 料理レシピ * 14:11 * comments(0) * trackbacks(0)

あんかけやきそば

090209_0944~01.jpg
あんかけやきそばを適当につくったら
やたらうまかったのでレシピ公開。


■材料

やきそば生麺(マルちゃんの3玉入りのやつ)

鍋用具バック(白菜とか豚肉とか、もう切ったのがバックされてるやつ)

コンソメ
オイスターソース
甜麺醤
ごま油



■作り方

ごま油で、豚肉、野菜をいためる(豚肉の前にショウガやニンニクスライスをいためるとなおよし)


水を入れる
コンソメを入れる


一旦塩こしょう


オイスターソースと甜麺醤を同量くらいずつ入れる


片栗粉でとろみをつけ、煮立たせる


最後にごま油をまわしかける。



麺は油をひいたフライパンにほぐし入れ、水を加えて箸でほぐしてフタをし、蒸し焼きにしたあと、丸く形を作って両面に焼き目をつける。



焼きあがった麺を皿に乗せ、あんをかけて出来上がり。


味噌味あんかけやきそば。
めんはソフトとパリパリが両方楽しめます。

やってみて〜。


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * 料理レシピ * 09:17 * comments(0) * trackbacks(0)

チャーシュー丼を作る。

実は料理が趣味だったりするmarineeですが、
ブログを書きはじめてから、意外にもレシピとか載せた事なかったみたいです。

最近は実家+青葉台教室のマンションでの二重生活も始まり
料理をする機会は去年よりわりかし増えたわけなのですが、
何ぶん人数がいないし、調味料類なんかは、大きいのを買いすぎると、
使いきれなくていつの間にか味が落ちちゃったりするわけです。

そんなわけで、
時たまそんな「困ったチャンな調味料たち」を消化するためのレシピに
とりかかることがあります。
要は残飯整理ですなw

今回は醤油とミリンをいい加減使い切りたくなったので
煮豚用の豚肉を買ってきてチャーシュー(煮豚)をつくりました。





まずは豚肉を、表面に焦げ目がつくまで焼きます。
この時、基本的に油はいらないですが、
香りづけにほんの少しゴマ油を使うとより香ばしくなります。












豚肉の漬け込みダレです。
入っているのは、醤油、日本酒、ミリンがベース。

あとは適当に
長ネギぶった切りまる1本+1本分の青いところ
ショウガのはちみつ漬け(肉の臭みとり+甘み足し)
 ※普通にショウガとハチミツで代用可。
残ってた梅酒(香りと甘み、酸味をプラス)
残ってた本だし(うまみプラス)

ちなみにこの状態でちゃんと味見するのが肝要。






まだ火を入れてない冷たい汁に
焼いた豚肉を投入。

冷たい状態から肉を煮ると、肉が固くならない・・・ような気がしたw

コンロ点火して煮込んでいきます。











煮込むと冷やすを繰り返します。

1日目、寝る前に「肉を焼く」「漬け汁を作る」
「一度煮る」までを済ませ、火を消して寝ます。
2日目、起きたら火を入れて少し煮たら、
火を消しておでかけ。
夜、帰ってきたらまた煮て、火を消して寝ます。
3日目朝火を入れて、また冷まし、昼ごはんあたりが食べごろです。

時々肉を回転させて全体が煮れるようにするのを忘れずに。






なんだか時間がかかっているので
手間をかけてるように見えますが
実はコンロの火をつけたり消したりしてるだけなので
作っている方は楽ちんです。

肉は冷えてから切ったほうが身が崩れません。

なので、朝一度煮て(衛生上)、
冷ましておいて、昼に食べるときに冷えているのがベスト。





チャーシュー丼にしました。



どんぶりにご飯をしき、
長ネギを細かく切ってご飯の上にのせます。
(ネギの辛味が苦手な人はネギをかるく油でいためる)

岩のり・・・写真では上から乗せてますが、
肉の下に敷いたほうが見栄えがいいなと
後から思いました^^;

肉を8ミリ厚にスライスしてご上にならべます

肉を取り出した後にあたためた煮汁をかけます




今回は、肉の煮汁に一晩つけておいた卵黄の醤油漬けをのせてみました。
(寝る前に冷えてる煮汁をとりだして湯飲みに入れて、その中に生の卵黄を落としておくだけ)
半熟煮卵の黄身だけみたいになりますが、もうちょっと全体に味がまわって、かつネットリした食感になります。火加減とか難しいこともいらないからオススメな調理法。
(実は焼肉屋の平城苑でビビンバの薬味として出てきたのでパクってみた)


程よく味のしみたチャーシュー(固くない!)
甘めbutさわやかな醤油タレ、ネギの辛み、のりの風味
ウマウマですよ。


皆様よかったらためしてみてくださいませー。


ブログランキングBlogランキング参加中です。 1日1回のポチリをお願いします!
ヴァイオリニスト皆川真里奈とは? * 料理レシピ * 07:27 * comments(0) * trackbacks(0)

このページの先頭へ